只管朗読から得られたもの。

只管朗読から得られたもの。3

 

最近は、運用出来る英語知識を増やそうという観点で、英語学習をしているのですが、ある時、本格的に 英語の神様である、故國弘正雄先生がおっしゃっていた‘“只管朗読”をしてみようと思いました。

 

今回は「只管朗読から得られたもの」をテーマに記そうと思います。

 

只管朗読を始めたきっかけ

只管朗読から得られたもの。

 

色々な事を英語で表現できるようになる為に、公式問題集の日本語部分を英訳する訓練を続けているのですが、日本語から英語にした時に得られる味わいと、英語を読んだ時に得られる味わいに大きな差があり、これが非常に面白くて只管朗読も始めることにしました。

 

同じものを何度も何度も声に出して読むのが理想なのですが、はりきってこれを続けたところ喉がやられてしまいました。そこで、喉がおかしくなり始めたら、黙読するということで、何度も何度もTOEIC公式問題集を読んだのですが、反復しても反復しても、その度に“色々な発見”がありました。(もしかすると、前に学習したことをスッカリ忘れてしまっているだけなのかもしれません。)この発見する感覚が面白くて、飽きもせず同じものを読んでいます。

 

只管朗読から得られたもの

只管朗読から得られたもの。2

 

只管朗読から得られた一番大きな変化は、文章を何度も読んでいると、自然に自分にとって役に立つ文章や表現が丸々入ってきたことです。覚えようという意識はなくても、勝手に覚えてしまうのです。國弘先生が言っていた事は確かなようです。かつて高校生の時に、英語で26点とかを取っていた私でさえも、特段覚えようという意識がなくても頭に入ってくるのは不思議な感覚です。

 

特に、“色々な発見”を感じた時の表現は記憶に長く留まってくれる様に感じます。感情と結びつくものは記憶に長く留まるということなのでしょう。

 

生徒さんとのレッスンなどでも、このTOEIC公式問題集は何度も使っているのですが、頭が「TOEICの問題に答える」「速く英文を読もう」「正答をいち早く導き出す」というモードになっている時には、英文一文全体が頭に残るということは殆どないのです。左脳が働き過ぎているのでしょうか?

 

頭の中に沢山の英文が入ってくると、初見の英文を見た時の理解の速度が違うように感じます。私は脳学者ではないですが、経験から頭の中のデータベースが増えると、違ってくるのだな~と感じます。

 

また、これは和文英訳と只管朗読との相乗効果かもしれませんが、英訳をする時にあまり唸らなくても作れるようになってきているようにも感じます。

 

余談ですが、只管朗読を開始してから、夢の中に外国人が登場することが増えて、夢の中で英語を話していることも増えました。(目を覚ました時に何を言っていたのか思い出すことは出来ないのですが・・・)

 

これからも只管朗読は続けます。

只管朗読から得られたもの。4

非常に得られるものが多いので、TOEIC公式問題集の只管朗読は継続したいと思います。ただ、カフェなどでこの学習は出来ないので、自室でする訳なのですが、休みの日など朝から晩まで同じ事をやっていると、家族からおかしくなったか?と思われる可能性もあるので、この辺りに関しては理解を求めようと思います。また、喉が非常に疲れるので、喉を労わる方法も考えたいと思います。

2016年3月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglishtoeic

TOEIC公式問題集の和文英訳挑戦から得られたもの。

TOEIC公式問題集の和文英訳挑戦から得られたもの。3

 

弱点を浮き彫りにした和文英訳

TOEIC公式問題集の和文英訳挑戦から得られたもの。4

※ 私が使っている TOEIC新公式問題集6  より

 

TOEIC公式問題集の英文を読んで意味を理解できても、私の場合、自分の弱点に気付かずに通過してしまう・・・という事が結構あります。読めば簡単に理解できる単語が特に多いのですが、わかったつもりになっている物が結構多いのです。

 

〝解っているけれど、自分が使えるか?〟と言われると、怪しいものが結構あります。英語学習をし、更なる英語力を獲得しようと思えば、このような状態を見過ごす事は出来ません。

 

それで、ある時からTOEIC公式問題集の和文英訳をやってみることにしました。そうすると、冠詞も含めて恐ろしい位自分の弱点を発見できるようになったのです。本当に細部まで理解していないと、シッカリ和文英訳できない為です。挫折感に苛まれることもありますが、力を付けるのに良いと思います。

 

和文英訳で簡単な英単語の運用能力が増した。

TOEIC公式問題集の和文英訳挑戦から得られたもの。5

※私が使っている TOEIC新公式問題集 解答P78より

 

TOEIC公式問題集の和文英訳を行う事で、やさしい英単語の運用能力が上がりました。例えば、Part7の選択肢の部分を和文英訳してみると、自分では普段英訳しない(発想がない)・出来ない表現が出ています。

 

自分がこれをスラスラ英語に変換出来ないと考えたものに関しては、知識不足・習熟不足と考え、同じ英文に再現出来るまで繰り返し練習しました。(今現在も行っています。)

 

これをやると、ライティング時にも役に立つ知識をストックする事が出来ます。また、深く理解しないと、使える知識になってくれないので、この作業を繰り返していると表現に対する理解も深まるように感じます。

 

和文英訳の繰り返しで、より英文構造が鮮明に見えるようになった。

 

英文を読んで内容を理解出来ているものでも、単に解る知識が沢山ある状態と使える知識が沢山ある状態では、同じ英文を読んでいても、英文の見え方が変わってくることが分かりました。

 

これは、結局のところ一つ一つの表現に対する理解度が上がっているからだと思います。そして、理解度が高い状態で英文を読むと、一読で情報を記憶できる量がかなり増えてきます。今更ながらですが、使える知識が増えるだけで、こうも状態が違ってくるのだと思う次第です。

 

和文英訳の繰り返しで、聞き取る力も増してきた。

TOEIC公式問題集の和文英訳挑戦から得られたもの。2

 

私は、リーディングとリスニングを比較した時に、どちらかと言うとリーディングの方が得意でリスニングの方が苦手なのですが、和文英訳をやってから、聞き取れるものが増えてきました。

 

恐らくこれは、自分の知っている表現が増えたことで、音の塊として捉える事が出来る部分が増えたから、ということなのだと思います。

 

個々の英単語をバラバラに知っている時と、意味を成す塊として頭に入っている時では、言うまでもないでしょう。

 

最後に・・

TOEIC公式問題集の和文英訳挑戦から得られたもの。

 

TOEIC公式問題集 和文英訳訓練をし、改めて気付いたことですが、正しい選択肢を選ぶまでに必要な英語力と、自分が本当に体の一部のように使いこなせる英語力では、相当の距離があることが解りました。

 

この訓練をしていると、自分で使えない表現が沢山出てきて、心折れそうになる事もありますが、得られるものも非常に大きいです。良質な表現が沢山詰まっていて、本当に宝の山のように感じます。これからも楽しみながら続けたいと思います。

2016年2月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglishtoeic

TIME誌リーディングで体感出来た5つの効用

TIME誌リーディングで体感出来た5つの効用7

 

今年は昨年に比べて異常に寒いですね~。毎夜布団の中に入った時が寒くて寒くて、1日の中で1番の地獄です。(笑)

 

さて、この1か月あまり英語力アップの為にTIME誌を集中して読んでみたのですが、読み始めた時と現在で自分の英語力にいくつかの変化を感じました。

 

今回は『TIME誌リーディングで体感出来た5つの効用』についてお伝えしたいと思います。

 

初見の文章に対する理解力が上がった。

TIME誌リーディングで体感出来た5つの効用8

最近私が読んだTIME誌。

 

難しい表現と背景知識が乏しい分野の文章を、内容理解を意識しながら読み続けることで、初見の文章に対する理解度が上がったように思います。

 

結果として、TOEICのような割合背景が想像しやすい内容に関しては、以前よりも理解する事がより楽に感じるようになりました。

 

リーディングスピードがUP!

TIME誌リーディングで体感出来た5つの効用1

 

リーディングスピードの向上は、上記の内容理解力の向上が関係していると思います。

 

文章の内容理解が進み、結果として話の流れが見えるので、次の話の展開を予測しながら読めるので、結果としてドンドン読み進める事が出来るようになります。

 

知らない英単語の推測力改善。

TIME誌リーディングで体感出来た5つの効用2

話の流れをより上手に掴めるようになったおかげで、自分の知らない英単語に出会った時に〝この英単語の意味はこうだろう〟という推測力と精度が向上しています。

 

この推測が上手になったおかげで、〝不明単語〟の後に来る文章の流れも、より正確に掴めるようになってきています。

 

推測力の向上は、内容理解度、リーディングスピードの向上とも大きく関係していると思われます。

 

語彙力の向上。

TIME誌リーディングで体感出来た5つの効用3

語彙力に向上に関しては2つの点で変化を感じます。

 

まず、話の理解をしっかり進めながら、解らない英単語を推測すると、印象が強烈に残り英単語が覚えやすくなっています。

 

次に、読んだ記事を通じて、新たに習得した英単語も勿論ありますが・・・

 

『これまで見たことはあるな・・・ けれど、完全に覚えているわけではないな~』という英単語が明確になり、それらを確実に習得する事ができ、結果として語彙力が増えていると感じます。

 

『これまでバラバラだった知識が頭の中でネットワークになってきた』と言う方が、より私の感覚を適切に表しているかもしれません。

 

睡眠の質が高くなった。(笑)

TIME誌リーディングで体感出来た5つの効用4

TIME誌リーディングを始めてから、格段に睡眠の質が上がったように思います(笑)。

 

枕元にTIME誌をおいて置き、寝る前に読んでいるのですが、これを集中してやると、頭がかなり疲れてスグに寝ることが出来ます。

 

また、私の最大の弱点であった〝寝起き〟がかなり良くなりました。起きてから頭が回るまで、これまで出てきた英単語の復習をやるのですが、これをやっていると、割合スムーズに目が覚めてくれます。

 

まとめ。

TIME誌リーディングで体感出来た5つの効用5

TIME誌リーディング学習は私に大きな力をもたらしています。しばらく修行を継続していこうと思います。

 

英語をある程度理解しながら読める方にとっては効果絶大ですので、是非チャレンジしてみることをお勧めいたします。

 

また暫くしたら、経過を報告したいと思います。

2016年1月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglishtoeic