toeic 短期間 で点数アップする人の特徴

toeic 短期間 で点数アップする人の特徴

toeic 短期間 で点数アップする人の特徴

 

〝トーイック学習を始めて数ヶ月経ったけれど、スコアが全然上がらない〟とか〝このままTOEIC学習を続けて本当に点数が上がるのか?〟と不安を感じる方もいらっしゃるかと思う。

 

本日は『 toeic 短期間 で点数アップする人の特徴 』をテーマにお伝えしたい。

 

短期スコアアップにも様々な状況がある

 

誰しも toeic スコアを短期間で上げたいと一度は考えると思うが、実は、短期スコアアップが出来る人と出来ない人がいる。それは〝点数が簡単に上がる状況にいるかどうか?〟ということである。

 

例えば、TOEICで500点位を取っている方は、短期間勉強するだけで、ある程度点数を上げることは可能である。

 

それは、ある程度の文法理解、リスニング能力、英単語力など、点数アップ学習をするために必要な材料が揃っているからだ。

 

また、TOEICに一度も挑戦したことが無い人でも、所謂難関大学に入学した直後などは、受験英語の知識の残骸があるので、少し学習しただけで、割合早く点数を上げる事が出来る。

点数が低い間は割合短期で上がる

 

toeicスコアが低い間は、基礎的な知識そのものが不足している状態なので、その部分のインプットをドンドン行っていくだけで、点数が大きく伸びる。文法的なポイントや英単語を覚えるだけで面白いように点数が伸びる場合がある。

 

点数が高くなると50点上げるのも大変

 

順調にTOEICスコアがアップしていた方でも、ある一定水準以上になると、ぴたりと点数アップが止まることがある。

 

れは、自分の英語水準がその段階であるからだ。350点を400点にするのと、730点を780点にするのでは、同じ50点アップでも状況は大きく異なる。そして、難しくなればなるほど、点数アップは難しい。

 

toeic 短期間 で点数アップする人の特徴2

 

英語力そのものが上がらないとスコアアップは出来ない

 

TOEICは点数が高くなればなるほど、英語力そのものが高くならないと、点数アップが出来ないようになっている。

 

例えば900点位を取得した人が950点を取ろうとすると、それなりに英語水準が上がらないと、点数は上がらない。

 

したがって、普段の学習では、英語力そのものが上がるような学習をしなくてはならない。TOEIC問題集を何回も反復しても、この位の水準の方はまず点数が上がらない。日頃の学習では可能な限り、生の英語を観るとか、英字新聞やTIME誌等を読むなど生の英語に触れることが必要となる。

2015年9月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hoshinoenglishtoeic