toeic 学習 効率 を下げる要素

toeic 学習 効率 を下げる要素

toeic 学習 効率 を下げる要素

 

toeic学習をする時に、睡眠時間を削ったり、休みを返上したりなどして学習時間を確保しているのに、思ったように学習が進まなかったり、スコアアップに繋がらなかったりするケースがある。

 

一所懸命やっているのに、思ったようにいかない方は、効率を下げる要素を少し見直すだけで、大幅に改善することが出来るかもしれない。

 

本日は「 toeic 学習 効率 を下げる要素 」についてお伝えしたい。

 

学習時間管理

 

学習時間を大量に確保しようとしても、うまく確保できない事は、忙しい社会人には多々ある。日々の行動を再度検討し、隙間時間で出来る事と、大きな時間で出来る事を分類し、日々のtoeic学習の効率を上げたい。

 

1時間の学習時間がある時に、英単語の復習などに時間を投入するのは勿体ないことだ。長文読解の練習をしてみたり、リスニング学習に時間を使う方が有効だ。

 

逆に英単語の復習などは、通勤時間の5分とか10分という単位で進めて行く方が、飽きずにうまくこなせる。

 

時間管理がうまく出来ないと、toeic学習の効率は大幅に下がる。(※英語学習上の時間の使い方に関して興味がある方は 英語 学習 プラン を参照して頂きたい。)

 

体調管理

 

睡眠時間が短くて、toeic学習に集中できない状態では、何の為の学習かわからない。また、風邪などで熱などがあるのに、無理をして、学習し続けたりなどして、寝込むようになることになれば、1日無理をすることに意味はなくなる。

 

体調をシッカリ整えるだけで、長い目でみると大幅に効率は上がるかもしれない。

 

 

toeic 学習 効率 を下げる要素2

 

自分に合わない参考書・教材

 

toeic学習の為に、英文法などを学習する際に、自分が理解しにくいものを使っていると、学習効率は大幅に下がる。自分に合うものを買い替えることで、スピードは大幅に上がるかもしれない。

 

誰かが〝良いと言ったから〟と盲目的に信じるのではなくて、自分で一度内容を検討し、その本が自分にとって本当に役に立つものであるか?検討してみることが重要である。

 

また、自分のレベルに合わない問題集をこなすことも、学習効率を大幅に下げてしまう。自分に合う参考書を手に入れ、理解しながら効率的に学習をすることが重要だ。

 

間違った学習手順

 

基礎的な英単語が身に付いていなかったり、体系的な英文法を知らないために、英文が満足に読めない方が、沢山の問題演習をこなしても、ほとんど得るものがない。この方がまずやるべき事は、問題演習ではなくて、英単語や英文法などを含めた基礎能力の充実である。

 

つまり、toeic問題演習をやっている間、ずっと時間を無駄にしていることになる。自分が今やらなければならない事をキチンと理解していないだけで、学習効率は大幅に下がる。

 

間違った学習手順は、能率を大幅に下げるので、思ったようにtoeicスコアが伸びない方は『本当にこの方向性で間違いないのであろうか?』と考えてみる必要がある。

2015年7月28日 | カテゴリー : TOEIC戦略 | 投稿者 : hoshinoenglishtoeic

toeic試験直前 50点アップする方法。

toeic試験直前 50点アップする方法

toeic試験直前 50点アップする方法。

 

toeic試験で点数アップには、日頃の学習が欠かせないが、600点に満たない方は、テスト前に幾つか確認をするだけで、点数が50点位アップする可能性がある。

今回は「toeic試験直前  50点アップする方法。」についてお伝えしたい。

 

時間配分を見直す。

 

toeic対策を行い結果を出した生徒さんは、多くの場合、時間配分が上手である。toeic part1からpart7までどの位の時間で進めて行くか?をシッカリと考えている方が多い。逆に、時間配分が下手で、点数が思ったように伸びないと言う方もいらっしゃる。

 

ありがちなパターンがpart5の文法・語彙問題のセクションで、予想以上に時間が取られ、part6、part7の問題が手つかずになるケースだ。それぞれのセクションでどの位の時間を使うか?ということを頭に入れながら、正答率との関係も考えてみて欲しい。

 

例えば、リーディングセクション100問を解く時に、2割位の問題を捨てて、残りをキチンとやってみた方が、正答率が良いのであれば、このやり方を採用すべきだ。

 

くどいようだが、時間配分を見直すという事は、それぞれのパートをどの位の時間で処理していくか?ということと、どの位の正答率で問題を進めていくと良いのか?を検討することである。

 

設問パターンを再度頭に入れる。

 

試験前に設問パターンが頭に入っているかどうか?だけで、問題全体を解くスピードが大幅に変わる。従って、試験の前に、各パートごとの設問パターンを頭に入れておくと良い。

 

例えば、part7の場合であれば「E-mailの時はどのような点に気を配る必要があるか?」などを頭に入れておくことである。

 

設問パターンを頭に入れる一番お手軽な方法は、日頃使っているtoeic公式問題集を再度試験前に解いてみることだ。事前に何度かやっているものなので、問題と共にバターンも頭に入り易い。

toeic直前 50点アップする方法2

これまでの復習をする。

 

上級者は、新しい問題を解いてみることも良いと思うが、中級より下の方は、これまでの所を復習した方が、点数の上乗せが期待できる。

 

語彙表現の確認は勿論、文法問題の復習などをしておくだけでも点数がかなり違ってくる可能性がある。一度やったものを復習することで、記憶の定着にもなるし、実にお得な方法である。

 

日頃toeic学習をする時に、試験直前に語彙や文法表現を見直す為の専用ノートを作っておくと、復習するスピードは更に加速する。

 

今まで聴いたリスニングCDを聞き直す。

 

試験直前に、家では勿論、試験会場に着くまで可能であれば、今まで聴いてきたtoeic公式問題集のCDを聞き続ける方が良い。

 

英語の音に耳を慣らすことも出来るし、これまで学習してきた英単語や英語表現の復習にもなる。試験が始まる段階で頭が英語モードになっていると、試験中に頭が快適に動き問題を解くのが楽になる可能性もある。

 

toeic直前 50点アップする方法3

集中力を維持する準備をする。

 

試験中に頭が疲れてきて、集中力が維持できない など、集中力がないだけで、少し点数が変動する可能性がある。そこで集中力を維持する為に気を付けるポイントについて記したい。

 

・試験中の空腹→試験中にベストになるように事前に血糖をコントロールしておく。

・頭脳披露→エナジードリンクなどを事前にためし、試験中に最高になるようにする。

・隣の席の人を確認しておく→時々、神経質な人などがいる場合があるので、事前にどのような人か確認しておく。

・服装→夏場は涼しく、冬場は寒くならないような恰好をする。

 

試験から帰って来たら必ず分析しよう。

 

toeic試験が終わった後で、事前に準備したことを思ったように遂行することが出来たか?を確認するのかは当然であるが、toeic学習の基本はあくまでも、日頃の学習である。

 

従って、試験が終わった後に、どのような課題が残っているか?をキチンと確認する作業が重要になる。時間が経つと、記憶が曖昧になり、なかなか問題点を把握するのが難しくなるので早めに行いたい。

 

 

2015年7月14日 | カテゴリー : TOEIC戦略 | 投稿者 : hoshinoenglishtoeic